彼氏へのクリスマスプレゼント!社会人には財布!ブランドは?

彼氏がもらって嬉しいクリスマスプレゼントって何だろう?

クリスマスプレゼントって、誰に贈るのでも悩むものですが、特に大好きな彼氏へのクリスマスプレゼントは悩んでしまいませんか?

彼氏がもらって嬉しい、クリスマスプレゼントランキングなどがありますが、今日はそのランキングの上位に入る「財布」を、私自身が自ら使用した、また現在使用しているブランドも含め、厳選してご紹介します。

特に20代〜40代の社会人男性がビジネスシーンでも使え、上品かつ機能性が高く、お手入れ次第では長く使える財布です。

スポンサーリンク

GANZO(ガンゾ)

1917年(大正16年)創業の老舗革小物メーカー、AJIOKAが展開するブランド。

上質な革を使い、革の種類やデザインも豊富です。

時が経つほど、また使い込んでいくほどに、財布はエイジング(経年変化)を重ね、その人だけの味がでてきます。

GANZOのホームページにはエイジングされた、スタッフの方たちの愛用品が掲載されています。(こちらから購入も出来ます)

⇒GANZO公式ホームページ

中には10年も使い込んでいる製品もあり、それだけの年数を使えるということに、革の品質と職人の技術力の高さが伺えます。

私は伊勢丹別注コードバン長財布を現在使っていますが、最初に手に入れたのは、クロコの二つ折り財布とSHELL CORDOVAN (シェルコードバン)のBOX小銭入れでした。

残念ながら、クロコの二つ折り財布は諸事情によりなくなってしまいましたが、小銭入れはおよそ6年、長財布は2年使っています。

コードバンとSHELL CORDOVAN、違う種類のコードバンですが、エイジングの参考にしてみてください。

伊勢丹別注コードバン長財布
IMG_2063
オリジナルと違う点は財布の中の色です。同じ牛革ですが、伊勢丹別注は黒の牛革を使っています。

SHELL CORDOVAN (シェルコードバン)のBOX小銭入れ
IMG_2064

GANZOの製品は上記公式ホームページよりオンラインストア、表参道の直営店、また伊勢丹メンズ館で購入出来ます。

大峽製鞄(おおばせいほう)

1935年(昭和10年)創業の、こちらも日本を代表する老舗革ブランド。

皇室御用達ブランドとしても知られています。

この大峽製鞄、物作りの原点はランドセルにあります。手縫いの技術はヨーロッパのバッグ専門家からも絶賛されており、その高い技術を財布作りに生かしています。

また、使用する革は欧州のスーパーブランドも使用する、世界中の有名タンナー(なめし革事業者)から調達しています。

「最も良い革使う」「丁寧な仕事をする」「デザインは極力シンプル」というポリシーから生まれる財布は、まさに日本を代表する逸品。

大峡製鞄の財布はホームページから購入できます。

⇒大峡製鞄ホームページ

取扱店も全国にありますので(ホームページに記載)気になった方はお近くのお店へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

土屋鞄製作所

1965年(昭和40年)創業、こちらもスタートはランドセル作りから始まりました。

もともとは2人の職人が立ち上げた小さなランドセル工房。

今では日本を代表する皮革製品ブランドの一つにまで成長しました。

土屋鞄製作所の財布も職人に確かな技術、そして高い品質で人気を博しています。

私がGANZOの前に購入したのが土屋鞄製作所のブライドル二つ折り財布でした。

2年ほど使用し、エイジングもいい具合になってきたところで、諸事情によりなくなってしまいました・・・

土屋鞄製作所の財布はこちらから購入できます。

⇒土屋鞄製作所オンラインショップ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

補足として、上記に紹介して私が実際に使った財布に使われている、革の種類を説明します。

・コードバン
革のダイアモンドと呼ばれる、希少性の高い最高級革。農耕馬の臀部の一部から取れる。

・ブライドルレザー
英国で馬具(ブライドル)用に作られている、伝統的な高級革素材。

お値段的にはその希少性から、コードバンの財布が高くなっています。

また二折財布か長財布で迷うかも知れませんが、私は長財布(コイン入れなし)をおすすめします。

長財布はスーツの胸ポケットに入れられます。

想像してみてください。

デートの際、彼氏が自分のプレゼントした財布を胸ポケットから取り出す姿は、スマートですしセクシーに感じませんか?

二つ折り財布はお尻のポケットについつい入れてしまったり、カードなどで分厚くなったりとちょっとセクシーじゃありせんよね・・・(笑)

今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする