喪中はがきを受け取ったら返信は必要なの?送るとすればいつ送るの?

11月も中旬に入ると、年賀状の準備などしますが、喪中はがきを受け取ることがあります。

喪中はがき(年賀欠礼状)とは、その年内に身内や親族に不幸があり、喪中なので「年賀状」を出すのをご遠慮させていただく旨をお知らせする挨拶状のことです。

では、喪中はがきを受け取った場合、返信は必要なのでしょうか?

「返信不要」と聞くこともありますが、そのへんが曖昧で不安に思っている方は、ここでしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきを受け取ったら返信は必要なの?

喪中はがきを受け取っても、もうすでに弔問を済ませている場合にはあらためて返信しなくても、失礼にはあたりません。

そして喪中はがきは、年賀欠礼状(身内に不幸があったので、新年の年賀状はお送りしません)という内容の挨拶状なので、通常は返信を出さなくても失礼にはあたりません。

しかし、最近の喪中はがきには「年賀状は受け取らせていただきますのでお送りくだされば幸いです」と添えられていることもあります。

そういった時は、喪中はがきに対する返信ではなく、通常通り年賀状を送っても差し支えありません。

ただし、相手が喪中であるため、文面には気をつけましょう。

この場合は年賀状よりは年始状として、新年の挨拶状として送ることをおすすめします。

年始状とは年賀状とは違い、新年の挨拶をする手紙なので、「おめでとう」「お慶び」などの言葉を使わずに、トーンダウンした言葉を使うことがポイントです。

(例)
「謹んで新年のお喜びを申し上げます」
       ↓
「謹んで新年(新春、迎春)のご挨拶を申し上げます」

スポンサーリンク

また喪中はがきで初めて訃報を知ったということもあると思います。

もちろん故人との関係にもよりますが、「お悔やみの言葉や、励ましの言葉を送りたい」と思う方は、喪中はがきをいただいたその返信として、はがきやお手紙を出してもいいでしょう。

返信の手紙をいつ送るのかは、次の章で見ていきます。

喪中はがきを受け取って返信を送るとすればいつ送るの?

上記で書きましたように、喪中はがきに「年賀状は受け取らせていただきますのでお送りくだされば幸いです」などの一文が添えられている場合は、年賀状と同じ時期に年始状として送りましょう。

もし年内に返信を送るなら、「喪中見舞い」としてはがきや手紙を送りましょう。そのとき、書き添えたい内容は以下の通りです。

・亡くなられたことを知っている場合
1.ご挨拶をいただいたお礼とお悔やみの言葉
2.ご遺族が寂しい年末、年始を迎えるにあたって、励ましのお言葉
3.こちらからも年賀状を送るのを控えるとの連絡

・亡くなられたことを喪中はがきで初めて知った場合
1.ご挨拶状をいただいたお礼とご不幸を知らずにいたことへのお詫び、お悔やみのお言葉
2.ご遺族が寂しい年末、年始を迎えるにあたって、励ましのお言葉
3.こちらからも年賀状を送るのを控えるとの連絡

また最近では、正月の松が取れたあと、寒中見舞いとしてはがきや手紙を送ることが多いようです。(松が取れる時期は、1月7日以降、1月15以降とする地域があります)

寒中見舞いで書き添えたい内容は以下の通りです。
1.ご服喪中だとしり、年賀状を送るのを控えたこと
2.お悔やみのお言葉
3.先方の無事を祈るお言葉

もし、喪中と知らず年賀状を出してしまったときは、寒中見舞いでそのお詫びを書き添えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

喪中はがきを受け取ったとき、上記をまとめると
1.返信も何もしない
2.年内に喪中見舞いとして返信する
3.年始状として返信する
4.松が取れたあとに寒中見舞いとして返信する(松が取れるのは1月7日以降、1月15日以降と地域によって違う)

となります。

上記のうち、どの方法も間違えではありませんが、返信をする時の一番のポイントは、先方のご遺族を思いやる気持ちを、はがきや手紙にしたためることだと思います。

この記事がみなさんのお役に少しでも立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする