寝起きの口臭その原因と対策について

朝起きた時、口の中がネバついて口臭がしませんか?

これは正直なところ、誰にでも起こります。

ではなぜ寝起きに口臭がするのでしょうか?
口臭がする原因とその対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

寝起きの口臭その原因は?

寝起きに口の中がネバつき、口臭がする原因はなんでしょうか?

起床中は口の中に唾液が分泌され続けており、口の中の細菌は増殖も活動も出来ません。
(精神的ストレスで起床中も唾液が分泌されにくい人もいます)

そうやって、唾液によって口の中が清潔に保たれています。

ですが、就寝すると睡眠中は唾液の分泌が抑制されてしまうので、口の中の細菌が増えてしまいます。

細菌は就寝後3時間でその数が飛躍的に増え、その後8時間で細菌は限界値にまで増えると言われています。

その細菌の数ですが、唾液1ccに対して、糞便1グラムの10倍量!!と考えられており、起床直後の細菌の多さがわかると思います(簡単にいうと、う○こ10グラムの量の細菌が口の中にいる、ということになります(笑))

この細菌が寝起きの口の中のネバつき、口臭の原因です。

スポンサーリンク

寝起きの口臭その対策は?

口臭の原因はこの増えてしまった細菌ということはわかりました。
では、その対策は?といえば、細菌を増やさないことが大切になってきます。

その細菌を増やさない方法をみていきましょう。

この細菌を増やさない方法は、普段の生活から注意をしていく必要があります。

まずは定期的に歯医者さんで、普段では取りきれない歯垢と、歯石を取り除いてもらうことです。
その上で、寝る直前に丁寧に力を入れず歯をみがき、フロスも使って歯垢を取り除いてから寝ること。

それでも完全には細菌を増殖を抑えることは出来ませんので、朝起きたらすぐに歯をみがくことです。

こうすることによって、口の中の細菌の増殖を、極力増えないようにすることで、朝起きたときのネバつき、口臭を抑えることが出来ます。

私は毎朝起床直後に歯をみがき、口の中の細菌を減らしてから、お水を飲むようにしています。

また、これは余談になりますが、食後すぐに歯みがきをする方が多いと思いますがやめましょう。
食後は唾液が沢山出て、口の中の状態は細菌も少なく、きれいな状態です。

しかし、食べカスが残っていると、虫歯菌などの活性が高くなり、他の菌の活性も高まり、歯垢が出来てしまいます。

食後は食べカスが溜まりやすい、ほっぺたと歯茎の間の食べカスを取るために、軽くぶくぶくうがいをして、舌の上の食べカスを取るため、水を口に含んで舌を上あごにごしごしと擦り付けると、食べカスは残りません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

寝起きの口臭、とても不快ですがどうしても細菌は増えてしまいます。

ですが、普段からのちょっとした心がけで、細菌の増殖を抑えることは出来ます。

この記事がみなさんのお役に少しでも立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする