風邪の時のお風呂は入っちゃダメ?それともいいの?入り方は?

風邪を引いたらお風呂に入っちゃダメ!

これは私が小さい頃、当たり前のように言われてきた事でした。
親からも、もちろんお医者さんに行っても言われてきました。

でも社会人になって、風邪を引いたら会社を休めればいいですが、休めない時もありますよね。
そんなとき、お風呂に入れないって結構キツいです・・・

では、本当に風邪の時のお風呂はダメなのか?それともいいのか?調べてみたので見ていきましょう。

スポンサーリンク

風邪のときお風呂に入ったらダメなの?

とにかく、子供の頃は風邪を引いたらお風呂に入らない!日本の常識だったと思います。

ですがコレ、日本特有の風習だそうです!
風邪の時に入浴を控えるのは医学的根拠もありません。

ではなぜそう言われてきたのでしょうか?

昔は家風呂がなく、お風呂は銭湯に行くという事が一般的だった時代、熱いお風呂に入って体力を消耗して、またお風呂上がり、家に帰る途中で湯冷めしてしまい、風邪が悪化するしてしまう事が多かった、その頃の指導法だったということです。

でも、私たちの時代は家風呂がもう普通にありましたが・・・

まぁ、そういった時代の名残が、私たちの時代にはあったのかもしれません。

風邪の時お風呂に入ってもいいの?

では、現代ではどうでしょう?
お医者さんに行っても、入っても良いと言われる事が多いみたいです。

その理由として、住宅事情が大きく変わり、家風呂があるので、湯冷めしにくい環境がある。
そしてお風呂で身体を暖めることによって新陳代謝を上げることが風邪には効果的と考えられる。
また、お風呂の湯気で喉や鼻を潤し、身体を清潔に保ちリフレッシュすることで寝付きも良くなる。

お風呂に入っても良いというのは以上のような理由が挙げられます。

良いことづくめの感じがしますね。

ですが、入る時のポイントを押さえておかなければ逆効果になりかねません。

次にお風呂に入る時のポイント、注意点など見ていきましょう。

スポンサーリンク

風邪のお風呂の入り方は?

風邪のときお風呂に入る際に気をつけておきたいポイントです。
身体を冷やさないために、脱衣所や部屋をあらかじめ暖めておく。
体力の消耗を避けるため、41度前後のぬるめのお湯に10分ほど首まで浸かる。
入浴後は身体素早く拭き、髪の毛も素早く乾かす。そして出来るだけ早く寝る。

またお風呂で発汗していますので、水分補給は忘れずにしましょう。

注意点として、38度を超える高熱で、身体がぐったりしているときは入浴を控えましょう。

下痢や嘔吐の時も、水分が不足している場合があり、入浴によって脱水症状を引き起こしかねないので控えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

その他には身体を冷やさないために、汗をかいたらこまめに着替えることも必要だと思います。

風邪を引いた時のお風呂は、ご自分の体調に合わせて入りましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする