手湿疹のかゆみその原因と対策は?

手のひらがかゆい!

以前洗い物をしたあと、手のひらがかゆくなりました。
よく見ると小さいブツブツが・・・

かゆくて掻いていたら、皮が剥けました。

その時はすぐに良くなったのですが、時々同じ症状でかゆくなるんですよね。

ちょっとした手荒れかな?って気軽に考えていましたが、ちょっと調べてみたら、手湿疹という言葉を見つけました。

結構悩まされている方が多かったので、今日は手湿疹について調べたことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

手湿疹のかゆみの原因は?

どうして手湿疹になってしまうのでしょうか?

手湿疹は別名「主婦湿疹」と言われているくらい、主婦の方に多く発症しています。主婦の方の日常生活は食器洗いや洗濯など、水仕事が多いですよね。

食器洗いをする時は、ほとんどの方が洗剤を使用すると思いますが、特に最近は合成洗剤が多く、その中に含まれる界面活性剤という成分があります。

その界面活性剤には洗浄作用があり、食器の油汚れを落としてくれますが、肌脂も一緒に落としてしまいます。

この洗浄力が強すぎると、手や指の皮脂バリア(皮脂膜や角質層)が壊れてしまいます。皮脂バリアが壊れるとお肌は水分を保てなくなり乾燥してしまいます。

そのバリアが壊れたところへ、新たな刺激が加わりこれで炎症を起こして湿疹ができてしまう、これが手湿疹だそうです。

もちろん、上記の理由だけではなく、日常生活でのストレスが原因と言われたり、また幼少期にアトピー性皮膚炎を患っていた方もなりやすいようです。

スポンサーリンク

手湿疹のかゆみその対策は?

ではどのようにして手湿疹の予防、またなってしまった時には、どのような対策をすればいいでしょうか?

一番良いのは家事を辞めて、手を清潔に保ち刺激を与えず保湿をすることですが、そうはいかないのが実情です。

ここでは手湿疹の予防と日常生活においての注意点をご紹介します。

・食器を洗う時には、ぬるま湯にする。熱すぎるお湯はお肌の乾燥を早めてしまいます。

・洗剤にも気をつける事。低刺激性のものを選びましょう。(シャンプーやリンスも同様に)

・食器を洗う前に油を拭き取っておく、または洗剤を入れたお湯に浸けておく。

・水仕事の際は、ゴム手袋を使う。ゴムの刺激を避けるため、ゴム手袋の下に木綿の手袋をする。

・水仕事のあとはすぐに保湿する。

・室内の乾燥を防ぐため、冬などは加湿器を使用する。

・規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかりと取る。

こうした普段の生活の中で、ほんの少し気を使うことが手湿疹の予防につながり、また悪化を防いでいくことが出来ます

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は手湿疹の原因からその対策を調べてみました。
また対策についてはお家で出来るものを選んで書きました。

ですが、症状のひどい方、また中々症状が収まらない方は、病院に行く事も考えてくださいね。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする